SFA/営業支援システムに求めるものって?

立場によって求めることは様々

SFAに求めるものを立場別でみると…立場によって求めることは大きく異なる

経営者

売り上げを上げたい!

SFAを導入する目的は「売上をあげるため」です。経営者としては、わざわざお金を払って導入するのだから、売上はあがって当然だろうと考えます。
しかしSFAは、「営業を支援するためのツール」です。ただ導入しただけでは売上はあがりません。
自社が抱えている問題がどこにあるかを把握していて、その問題がSFAを導入することで改善が見込まれる場合においてはじめてSFAが効力を発揮するのです。
SFAで実践したいことが明確にならないままSFAを導入しても、効果を発揮することはできません。

管理者

売上を上げる施策を考えるのに分析できる
データがほしい

経営者が「売上をあげたい!」という目標をあげるのに対し、管理者はその経営者の目的を適えるために売上をあげる施策を考えるためにSFAを活用しようと考えます。
SFAは様々なデータを蓄積できることは事実ですが、そのデータを蓄積できるのは誰かを考えてみてください。データを貯める器だけあっても営業に出向く現場の社員が登録してくれなければ、なんの役割も果たさないただの箱になってしまいます。

一般社員

自分の仕事が少しでも楽にならないかな・・・

経営者、管理者が「売上をあげる」ためにSFA導入を考えるのに対し、実際にSFAを入力する立場の一般社員は自分の仕事が少しでも楽になることを望んでいます。
いくら管理者が「売上をあげるための分析に必要なデータだ」と説明したところでやみくもに入力負担を増やしてしまっては自分に直結するメリットも感じられず、SFAに対する抵抗感だけが大きくなっていきます。
蓄積してくれている人がいて、蓄積されるデータがあってこそSFAが活用できることを忘れてはいけません。

SFA導入に失敗しないためには?

入力する必要性と無理なくデータ蓄積できること

このように立場によってSFAに求めるものは違ってきますが、導入に失敗しないために最も重要なのは、明確な利用目的のあるデータを、いかに蓄積していくか(してもらうか)になります。

一般社員すなわち現場の営業マンが入力しない(したくない)SFAは、営業支援システムの意味を成しません。

現場の営業マン自身が入力する必要性を感じる、無理なくデータを蓄積できることができれば、SFAの運用も成功に近づきます。

そこで、次ページからは、営業現場のことを考えて作られたSFA「Knowledge Suite」についてお伝えします。

営業現場を考えたSFAとは?

報告業務を手間なく確実にそして、いつでもどこでもできること

省ける手間は最大限に省く

営業活動に割く時間を少しでも多くとりたい営業マンにとって、報告業務のためだけに時間を割くことは一番避けたいことです。

報告の流れ1

「Knowledge Suite」は、外出予定を登録したスケジュールをそのまま営業報告に利用できるので、最短3ステップで営業報告が作成できます。

  • 最短3ステップのカンタン入力
  • 1 スケジュールを選択
  • 2 商談を選択
  • 3 報告先を選択

報告の流れ2

「Knowledge Suite」は項目のカスタマイズが可能なので、自社の業務に合わせて、必要な項目を入力しやすいようにカスタマイズして利用できます。

商談のカスタム例

入力した報告を“見ている人がいる”

営業報告を入力しても、入力するだけで誰も見ている形跡がないと、誰も見ないデータを入力しても意味がない…、と意欲は激減してしまいます。
「Knowledge Suite」は、営業報告から入力した次回訪問のスケジュールをはじめ、見積書や提案書といったファイル、商談に関わる今後のToDo等がグループウェアと機能連動していますので、普段はSFAを利用することの少ない内勤社員にもすぐに情報を共有することができます。
また、営業報告に対するコメント機能もあり、アドバイスや参考情報のやり取り等も活性化することができます。

営業報告

会社に帰らないとできない仕事を減らす

営業マンが帰社してから行う業務が多いということは、 それだけ顧客との接触時間が短くなってしまう、 もしくは報告のための残業時間を多く割いてしまうことにつながります。
「Knowledge Suite」は、マルチデバイス対応で、スマートフォンでもタブレットでも営業報告の入力が可能なので、訪問と訪問の空き時間や、移動時間にも外出先で報告業務を完了させることができます。

会社に帰らないとできない仕事を減らす

お申込みいただくと、PC版、スマートフォンアプリ版を1ヵ月間無料でお試しいただけます。

SFAの運用定着に成功した企業をご紹介

case1

柔軟なID数対応で
SFAの早期運用定着に成功

電気機器NTTエレクトロニクス株式会社 様

創業以来、装置およびシステムの営業管理をエクセルで行っていたNTTエレクトロニクス株式会社様では、年間1,500~2,000件という案件数をエクセルで管理していくことに 限界を感じ、SFAの導入を検討。課題はスムーズな導入と早期運用定着だった。そこで、ID数を気にせず、スモールスタートから本格運用に移行することができる 『Knowledge Suite』の導入決定。徐々に利用者を増やし、運用の定着を実現した。

導入担当者:澤口文彦氏、久保薗史子氏

NTTエレクトロニクス株式会社 様

導入担当者:澤口文彦氏、久保薗史子氏

case2

中長期化する交渉に対応するため
『Knowledge Suite』を導入!

小売業西武商事株式会社 様

一都三県で、年中無休の“小さな店舗”である自動販売機を設置し、各種メーカーの清涼飲料水を販売している西武商事株式会社では、中長期化する交渉が増える営業案件に対応していくために、自社の課題解決に適したツールとして『Knowledge Suite』の導入を決定した。

運用担当者:吉沢 一彰氏

西武商事株式会社 様

運用担当者:吉沢 一彰氏

case3

営業活動の戦略化を目指し、
『Knowledge Suite』を導入!

家貸保証業アーク株式会社 様

東日本を中心に家貸保証業等を展開するアーク株式会社様では、営業プロセスの管理が上手くできていないという問題を抱えていた。そこで、蓄積された営業報告を生かし、戦略的な営業活動を展開していくためにSFAの利用を検討、『Knowledge Suite』の導入を決めたという。

導入担当者:取締役経営企画室長 大泉勝嗣氏

アーク株式会社 様

導入担当者:取締役経営企画室長
大泉勝嗣氏

お申込みいただくと、PC版、スマートフォンアプリ版を1ヵ月間無料でお試しいただけます。

Knowledge Suiteで何ができるのか?

カンタン3ステップ営業日報で抜群の社内定着率! 日報管理 顧客管理 営業支援 分析系BIまでが一気通貫の驚くべきサービススペックでここまでできる!

営業日報

最短3ステップのカンタン入力!
グループウェアで登録したスケジュールと紐付けすることで、報告内容を入力するというわずかな作業で報告書を作成することができます。 スマートフォンから入力すれば、帰りの移動中に報告が完了します。

営業日報

名刺管理

スキャンした名刺を数分でデジタル化、その内容が顧客情報としてそのままKnowledge Suiteに取り込まれるので、顧客情報を手入力する手間が省けます。名刺画像は、スマホでも確認可能。顧客訪問前に手軽に確認することができます。

名刺管理

顧客管理

スキャンした名刺情報や入力した顧客情報に、グループウェアで登録したスケジュールやToDo、ファイルを紐付けて管理することができます。顧客情報や商談履歴はスマホでも確認することができますので、外出先でも素早い対応が可能となります。

顧客管理

集計/分析BI

蓄積された商談等のデータをリアルタイムで集計、分析し、簡単なグラフィカルなチャート表現ができます。PDFファイルやCSVダウンロードも可能で、分析結果をさまざまな形で活用することが可能です。

集計/分析BI

営業支援メール配信

「バーチャル営業マン」として、特定の顧客に営業担当者名でタイムリーな内容のお知らせメールやメルマガを適切なタイミングで一斉配信し、コールドリードからホットリードへ育成していきます。

営業支援メール配信

お申込みいただくと、PC版、スマートフォンアプリ版を1ヵ月間無料でお試しいただけます。

Knowledge Suite無料トライアル申し込み

Knowledge Suiteが好評を博している理由

それはすべての機能が連動していることにより、余分な作業を削減できるため、業務効率を最大化させることができるから!

日々の営業活動を素早く報告!
鮮度の高い情報が常にここにある!

報告の流れ1

お客様と交換した名刺を自動取り込む

1件ずつ手入力する手間を軽減

※デジタルエラー部分は翌日までに99%の精度で修正

報告の流れ2

取り込んだ顧客情報を利用してすぐに営業報告

  • 最短3ステップのカンタン入力
  • 1 スケジュールを選択
  • 2 商談を選択
  • 3 報告先を選択

カンタン3ステップで素早く営業日報!

報告の流れ3

営業報告の内容を即座にグラフ化

エクセルでグラフを作成する時間を削減

結果

他社よりも早くアプローチ!どこよりも素早く商談化!

GRIDY SFAを使ってスピーディーにメール配信。
確度の高い見込顧客をいち早くキャッチしアプローチをかけることができます。

お申込みいただくと、PC版、スマートフォンアプリ版を1ヵ月間無料でお試しいただけます。

Knowledge Suite無料トライアル申し込み

なぜKnowledge Suiteは導入社数が増え続けているのか?

それは単なる営業支援SFA/顧客管理CRMではないから!これらすべての機能と連動したグループウェアがひとつになっているからです!

スケジュール共有

会議室等の設備予約等と連動できるので、登録業務を減らし、業務効率がアップします。また、アラーム機能を搭載、開始時刻前にアラームを設定したり、スケジュールの参加メンバーに登録されたことを知らせるメールを自動送信することもできます。

スケジュール共有

設備予約

会議室等の使用状況を共有管理できます。利用状況を確認してからスケジュール登録をすることで、よくある「ダブルブッキングで困った!」が解消されます。また複数の設備の空き状況を同時に確認できるので、あいている設備をスムーズに探すことができます。

設備予約

ワークフロー

自社に合った申請フォーム作成、承認フローを自在に設定、運用することが可能。スマートフォンからの承認・決裁も可能なので、外出先からのスピード決裁を実現!

ワークフロー

レポート提出

内容に応じてメンバーを指定し、業務日報等のレポートを送ることができる回覧板機能です。レポートを確認したかどうかの閲覧ログが共有できるので、情報の伝達漏れがなくなります。アドバイス等コメントを残すこともできるので、コミュニケーションの場が広がります。

レポート提出

電話メモ

カンタン4クリックで電話メモを送ることができます。
電話メモはスマートフォンでも確認できるほか、メモでの通知も可能なので、外出先からでもすぐに対応できます。

電話メモ

メッセージ機能(LINE風)

内容に応じてメンバーを指定し、メッセージをやりとりすることができます。同一タイトルでのやりとりを時系列で確認できるだけでなく、見読者の確認もできるので、伝達漏れを防げます。

メッセージ機能

お申込みいただくと、PC版、スマートフォンアプリ版を1ヵ月間無料でお試しいただけます。

Knowledge Suite無料トライアル申し込み

初期費用無料 ユーザー数無制限 だからなんといっても 導入しやすい!初めての導入にも、他社からの乗り換えにも。充実したサポートメニューも取りそろえています。

1企業様あたりの料金
詳しくはこちら

ユーザー数は無制限だから、何名様でも同じ料金でご利用いただけます。

お申込みいただくと、PC版、スマートフォンアプリ版を1ヵ月間無料でお試しいただけます。

Knowledge Suite無料トライアル申し込み

お問合せ/無料トライアル申込フォーム

以下のフォームに必要項目を入力し、送信をクリックしてください

(Google出稿)SFA/CRMランディングページ*
お名前(姓)*
例:山田
お名前(名)*
例:太郎
電話番号(半角数字ハイフンなし)*
例:0334566789
メールアドレス(半角)*
会社名 *
例:ナレッジスイート株式会社
所属部署
例:営業部
都道府県*
従業員数*
お問い合わせ内容(全角500文字以内)
利用規約 *

個人情報の取り扱い *

送信する