導入事例:株式会社プロディジ様

左/営業 田代 亘氏 中央/代表取締役 山嵜 吾郎氏 右/常務取締役 三澤 悠馬氏

左/営業 田代 亘氏 中央/代表取締役 山嵜 吾郎氏 右/常務取締役 三澤 悠馬氏

スピード感を意識したリアルタイム運用にシフト!

主に外食系業務システムからゲームなど幅広いソフトウェア開発や企画営業をしている株式会社プロディジ様では、即時性も費用対効果もある『Knowledge Suite』の導入を決定した。

企画提案や開発案件の運用管理に問題を抱えていた

当社では、Googleスプレッドシートを使って開発案件や要員の管理を各営業で共有をしていました。しかし顧客と要員と案件それぞれがシートとリンクしていない点やスマートフォンで見にくい点、登録・更新のメンテナンスがしにくい点などの課題を持っていました。
顧客の一覧、外注の一覧、社員の一覧、仕事と人のマスタの一覧がある中で、案件の管理は特に即時対応が必要です。"誰の仕事が何カ月先から決まっていない"とか、"どのお客様はどういう仕事をやっているか"、"この人がどういったスキルを持っているか"など一目みて判断できるツールを求めていました。

社内情報共有ツールとしてSFAのような営業ツールを導入すべきか検討しようといていたところ、ちょうどある方から『Knowledge Suite』を勧められました。その方は『Knowledge Suite』の開発に携わっていたことがあったので導入への心配もありませんでしたし、当社のようなビジネスモデルの企業様の導入実績も何社かあると営業の方に伺いました。情報収集のために他のツールも調査し、金額も含め比較した結果『Knowledge Suite』であればコストメリットがあると思い、導入を即決しました。

時間ロスしないためのツールとして即導入を決意しました

当社では、Googleスプレッドシートを使って開発案件や要員の管理を各営業で共有をしていました。しかし顧客と要員と案件それぞれがシートとリンクしていない点やスマートフォンで見にくい点、登録・更新のメンテナンスがしにくい点などの課題を持っていました。
顧客の一覧、外注の一覧、社員の一覧、仕事と人のマスタの一覧がある中で、案件の管理は特に即時対応が必要です。"誰の仕事が何カ月先から決まっていない"とか、"どのお客様はどういう仕事をやっているか"、"この人がどういったスキルを持っているか"など一目みて判断できるツールを求めていました。

株式会社プロディジ様

設立年月日
2006年5月
所在地
東京都千代田区外神田2-13-7 ダイニチ神田ビル6F
代表者
代表取締役 山嵜 吾郎
事業内容
  • ・スマートフォンアプリ/ゲームの企画・開発・運用・販売
  • ・モバイル/PC/コンシュマーゲームの企画・開発
  • ・WEBアプリケーションの開発
  • ・パチンコ・パチスロ液晶画面制御プログラムの設計・開発
  • ・画像処理アプリケーション開発
  • ・企業内ITシステムのSI・コンサル・運用保守支援
URL
http://prodigy-biz.jp

インターネットからのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

電話でのご相談の方は

03-5440-2081

受付時間 9:00~18:00(土日祝休み)