導入事例:株式会社インタラクティブ・コミュニケーション・デザイン様

株式会社インタラクティブ・コミュニケーション・デザイン様

グループウェアとSFAの一元化でコスト削減、業務効率化を実現!

会社設立10 周年を機に社員全員が関わる部分で「新しいなにか」を始めたいと社内業務改善の一環として、グループウェアの見直しを決定した株式会社ICD 様。『Knowledge Suite』導入により、グループウェアとSFA の一元化も実現。大幅なコスト削減と飛躍的な業務効率化に成功したという。

時代に即した良いものを取り入れていく必要性を感じ、乗り換えを決定

グループウェアの見直しを行ったきっかけは、会社設立11 年目の門出の年に今後の事業展開を見据え、社員全員が関わる部分で「新しいなにか」を始めたいと考えたからです。それまで使っていたASP 型のグループウェアに特に大きな問題があったわけではありませんが、全社員が利用する「グループウェア(=新しいなにか)」の改善を行うことなりました。その根本には、IT 企業という業種柄、時代に即した良いものを取り入れていく必要性を感じていたというのがあります。
 ただ、既存グループウェアの利用期間が長かったため、当然そこには“ 慣れ” があり、その中で切り替えることを納得してもらえるものでなければいけませんでした。明らかに現状よりも機能が充実していなければいけませんし、コストメリットも重要な判断基準となります。情報システム部門が「セキュリティ」「運用(仕様)」の両面から、複数の製品を比較検討した結果、導入を決定したのが『Knowledge Suite』です。

株式会社インタラクティブ・コミュニケーション・デザイン様

設立年月日
2000年11月10日
所在地
東京都港区赤坂1-12-32
アークヒルズ アーク森ビル17F
代表者
代表取締役社長 曽我 英治
従業員数
80名
事業内容
モバイルソリューション事業
IT ソリューション事業
ネットビジネスサービス事業
URL
http://www.icd.co.jp

インターネットからのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

電話でのご相談の方は

03-5440-2081

受付時間 9:00~18:00(土日祝休み)